税理士による会社設立の代行サービスは、他の士業による会社設立代行サービスに比べて格安なのもうれしいところ。0円で設立代行をすることをうたっている税理士もあるほどです。実は、ほとんどの税理士は、会社設立代行サービスを安く提供する代わりに、顧問契約を結ぶことを条件にしています。税理士の顧問契約とは、毎月一定の報酬を払って、税金や会計に関する支援をしてもらうもの。会社を設立すると、税務手続きは確定申告時以外にも発生します。

税金の手続きは非常に複雑で、ちょっとした日付の違いや記入間違いなどで、金額が大きく変わることもあります。万が一、申告漏れにでもなってしまったら、会社の信用問題にも発展します。そこで、会社の日々のお金について、毎月チェックしてもらえる顧問契約が必要になるのです。

決算書の作成や税務手続きの代行だけでなく、毎月の経営状況報告や資金繰りのアドバイス、節税の提案などをしてくれるのも税理士の仕事。資金調達に関する情報や助言、助成金の情報なども提供してくれます。さらに、会社を経営していれば、どこかで必ずやってくるのが税務調査。一緒に対応してくれる、気心のしれた税理士がいれば、安心できますね。

会社の運営をスムーズにするためにも心強い税理士の存在。会社設立時から関わってもらって、深い関係を築き、長く続く会社経営を実現してください。

Pocket