会社の設立手続きは、個人でも行うことが可能です。しかし、作成しなければならない書類にはいろいろな決まりがあるだけでなく、一度決めてしまったら、修正や変更には高い費用も必要になります。最初から、よく考えて、書類作成と手続きを行っておきたいものです。

スムーズな会社設立手続きを行うなら、会社設立代行サービスを利用することも考えてみましょう。会社設立代行サービスは、司法書士、行政書士、税理士などが提供していますが、その中でも、税理士による会社設立の代行サービスは費用も安いことが特徴です。

実は、司法書士、行政書士、税理士では、会社設立手続きで対応できることに違いがあり、税理士は単独では会社設立手続きを代行することができません。それでも、同じ事務所の司法書士が手続きを行ったり、提携する司法書士が手続きを行ったりすることで、手続き自体は、他の士業に依頼するときと同じように、手続きを行ってもらうことができます。

税理士だけが行えることもあります。それが税務の視点からのアドバイス。司法書士や行政書士は税務的な相談にのることは法律で禁じられているため、司法書士や行政書士の会社設立代行サービスを利用する場合は、書類作成と手続きのみになってしまうのです。会社設立時に見落としがちな税務の視点で、設立に関する書類を作ったり、経営に関する決め事を行ったりすることは、その後の会社経営に重要なポイントになります。

当サイトでは、税理士による会社設立代行サービスについてご紹介します。

Pocket