税理士の代行は格安

税理士による会社設立の代行サービスは、他の士業による会社設立代行サービスに比べて格安なのもうれしいところ。0円で設立代行をすることをうたっている税理士もあるほどです。実は、ほとんどの税理士は、会社設立代行サービスを安く提供する代わりに、顧問契約を結ぶことを条件にしています。税理士の顧問契約とは、毎月一定の報酬を払って、税金や会計に関する支援をしてもらうもの。会社を設立すると、税務手続きは確定申告時以外にも発生します。

税金の手続きは非常に複雑で、ちょっとした日付の違いや記入間違いなどで、金額が大きく変わることもあります。万が一、申告漏れにでもなってしまったら、会社の信用問題にも発展します。そこで、会社の日々のお金について、毎月チェックしてもらえる顧問契約が必要になるのです。

決算書の作成や税務手続きの代行だけでなく、毎月の経営状況報告や資金繰りのアドバイス、節税の提案などをしてくれるのも税理士の仕事。資金調達に関する情報や助言、助成金の情報なども提供してくれます。さらに、会社を経営していれば、どこかで必ずやってくるのが税務調査。一緒に対応してくれる、気心のしれた税理士がいれば、安心できますね。

会社の運営をスムーズにするためにも心強い税理士の存在。会社設立時から関わってもらって、深い関係を築き、長く続く会社経営を実現してください。

Pocket

税務の視点は不可欠

会社設立時には、事務所探しのための不動産屋めぐりや、仕入先との交渉、新しい顧客への挨拶など、業務をすすめるために「やらなければならないこと」いろいろあります。パソコンや机などの備品を揃えるため、金融機関からの融資も必要で、そのための事業計画書づくりも行わなければなりません。それらの業務をこなしながら、会社設立のための書類づくりや決め事を考えるのは至難の業です。

しかも、決算月の決め方や役員報酬の考え方など、きちんと考えておかねば不要な税金を支払うという事態を招くことも。後悔しない会社設立に必要不可欠なのが、税務の視点なのです。

税理士による会社設立代行サービスには、融資のための事業計画書づくりのサポートも含まれていることがほとんど。実績がなく、融資を受けにくい創業時でも、税理士を通すことで、比較的融資につながりやすい、という事例もあります。

また、会社が必ず支払わなければならない消費税も中小企業には特例があり、これを最大限に活用するための決算月の決め方などもアドバイスしてくれます。税務調査が入ったときにも対応できるような帳簿の付け方なども、最初に教えてもらっておけば、後々困ることもありません。会社設立時だからこそ、税務の視点を踏まえて、会社について深く考えておきましょう。

Pocket

税理士の会社設立代行

会社の設立手続きは、個人でも行うことが可能です。しかし、作成しなければならない書類にはいろいろな決まりがあるだけでなく、一度決めてしまったら、修正や変更には高い費用も必要になります。最初から、よく考えて、書類作成と手続きを行っておきたいものです。

スムーズな会社設立手続きを行うなら、会社設立代行サービスを利用することも考えてみましょう。会社設立代行サービスは、司法書士、行政書士、税理士などが提供していますが、その中でも、税理士による会社設立の代行サービスは費用も安いことが特徴です。

実は、司法書士、行政書士、税理士では、会社設立手続きで対応できることに違いがあり、税理士は単独では会社設立手続きを代行することができません。それでも、同じ事務所の司法書士が手続きを行ったり、提携する司法書士が手続きを行ったりすることで、手続き自体は、他の士業に依頼するときと同じように、手続きを行ってもらうことができます。

税理士だけが行えることもあります。それが税務の視点からのアドバイス。司法書士や行政書士は税務的な相談にのることは法律で禁じられているため、司法書士や行政書士の会社設立代行サービスを利用する場合は、書類作成と手続きのみになってしまうのです。会社設立時に見落としがちな税務の視点で、設立に関する書類を作ったり、経営に関する決め事を行ったりすることは、その後の会社経営に重要なポイントになります。

当サイトでは、税理士による会社設立代行サービスについてご紹介します。

Pocket